PwCコンサルティング株式会社

人事 ディレクター
丹野 淳 氏

採用したい人物像

ひとことで言うならば、「特定の組織のみで通用するバリューではなく、マーケットでのバリューという視点で自らのキャリアプランが描ける人」ですね。PwCコンサルティングという組織に属することをゴールと考えるのではなく、常に自らの市場価値を客観視し、自分が絶えずマーケットから求められる存在であり続けるために努力が出来る人、そういう視点をお持ちの方にご入社いただきたいと考えています。
当社に入社される方は、特定のハード/ソフトウェアやブランドなどにとらわれず、中立な立場で、柔軟に、クライアントのためにより良い仕事を提案したいという志向をお持ちの方が多いように感じます。そして、当社に入って何をしたいのか、何ができるのか、具体的なイメージを持っている方が、PwCコンサルティングというステージで活躍しています。

面接で重視するポイント

面接では、当然ですが、その方の経験と人物の両方を見ています。 コンサルティングは、あらゆる経験が活かせる領域。例えば一般事業会社での業務経験は、企業の改革を担うコンサルティングにおいてとても有用です。とはいえ、単に業務経験・知識の豊富さを問うのではなく、業務を俯瞰的に捉えて仕事をしているか、常に問題意識を持ちながら仕事をしているかが選考の鍵となります。
プロジェクトや会社の全体像を俯瞰し、自分の責任や位置づけを理解する。そして担当している業務の構造を的確に捉え、問題を改善していくという行動特性は、まさにコンサルティング業務そのものであり、コンサルタントにとって必要不可欠な要素です。
また面接は、「ここで一緒に働きたい」と思える人に出会うことが出来る場所でもあります。魅力的な人と出会い刺激を受けることで、新たな物の見方や考え方が醸成される。もし、自分に本当に合う人とめぐり合えたのであれば、ぜひその会社に入社すべきだと思います。それがPwCコンサルティングであれば、とても光栄ですね。

今、PwCコンサルティング株式会社がもっとも注力していること

これまでの経験・知識をもとにあらゆる業界に携わることができ、自分の意志でキャリアを展開していける、柔軟性のある組織の当社は、マネジメントという単一のキャリアパスだけでなく、「ビジネス」「IT」「マネジメント」という3方向へ、個々の志向性に応じてさらなるキャリアパスを描くことが出来ます。マネジメント能力を極めるというキャリアだけでなく、ビジネスやITの専門性を高めていくキャリアパスがあるのが当社の大きな特徴です。一人ひとりが市場価値の高いビジネスパーソンとして進化・成長していくことで、PwCコンサルティングの価値をさらに高めてくれることを期待しています。

PwCコンサルティング株式会社

事業内容
【ディールアドバイザリーおよびコンサルティングサービス全般】
事業再生・再編/コーポレートファイナンス/トランザクションサービス/事業価値評価/M&Aにかかわる統合支援/民営化・プロジェクトファイナンス・官民パートナーシップ
顧客企業の事業戦略立案/財務再構築/ビジネスモデルの再構築から業務変革/ITソリューション導入/システムインテグレーション/組織と人の変革/システムの保守・運用
所在地 (本社)東京都中央区銀座八丁目21番1号 住友不動産汐留浜離宮ビル (大阪)大阪府大阪市北区梅田3-3-10 梅田ダイビル (名古屋)愛知県名古屋市中村区名駅1-1-4 JRセントラルタワーズ 38F
設立 1999年6月15日
資本金 1億円
売り上げ高 非公開
従業員数 1,400名
平均年齢 非公開
非公開求人80% キャリアアドバイザー
キャリアアドバイザーが
非公開求人を直接ご提案
いたします!
サイトで検索できない、非公開求人があります。
キャリアアドバイザーを味方に、有利な転職を。

キャリアアドバイザーを味方に、
有利な転職を。

あなたの経験や職種に合わせて、キャリアアドバイザーが納得感のある転職を実現するお手伝いをいたします。書類の作成、面接対策、企業との交渉など、意欲的にサポートします。

「転職支援サービス」に申し込む無料