転職に必要な応募書類

まず応募書類が非常に重要なものであるとご認識下さい。

どんなに素晴らしいご経歴がある方でも、それが人事担当者に伝わらなければ選考には通りません。面接より前の段階では、書類はあなたに代わって人事担当者に対するプレゼンテーションをしてくれる代理人。丁寧に、わかりやすく作成しましょう。

伊藤 泰子
  • IT・Web

伊藤 泰子

プロフィール


一般的に応募書類として用意するものは次のようなものです。
1.市販の履歴書
2.職務経歴書
3.熱意を込めた添え状
4.説明資料
※職務経歴書を補足するものです。特に、技術職や専門職に有効で、職務経歴書に記載すると長くなり見づらくなる場合に作成しましょう。

履歴書について

特に指定がない場合、A4サイズ・パソコンで作成したものを送りましょう(企業によっては手書きと指定される場合もあります)。紹介会社経由で応募する場合はその会社独自のフォーマットがあるはずですので、それで対応します。 履歴書は、空欄を作らないことがポイント。志望動機欄がある場合に1行で終わってしまっていたのでは「本当に入社したいの?」と疑れかねません。適度な文章量を心がけてください。

職務経歴書について

これは提出書類の中で【最も重要なもの】と認識してください。

どんなに素晴らしい実績があっても、それを職務経歴書でアピール・プレゼンテーションできなければ選考人材の枠にも入れません。1日に何人もの書類を読む人事担当者の立場になり、興味を持つような職務経歴書を用意することが重要だと心得てください。また、書式は自由です。パソコンでA4サイズ1~2枚程度に作成するのが適切でしょう。フォントや罫線、スペース等を使い分けながら「読む方にとって見やすい職務経歴書」を作成しましょう。
尚、「ですます」調は避け、箇条書きで「である」などの言い切りを心がけてください。

職務経歴書のサンプルはこちら

添え状について

どの要素に惹かれての応募であるか、熱意を伝えるために用意するものです。必ずA4一枚で収めること。特に心をこめて作成しましょう。ポイントは以下の3点です。

  • ・どの求人を見て、どこに惹かれて応募したか
  • ・自身の経験のどこが活かせるか
  • ・志望動機
  • ・自己PR

熱意を伝えることが重要なのですが、そのためには応募する会社について予め情報収集をしっかりすること。情報がなければ上記のようなアピールができず、通り一遍なものになってしまうからです。人事担当者も人の子、情に訴えることも場合によっては効果的な方法です。

転職活動の基礎知識

  • Step.1
    事前準備編
  • Step.2
    履歴書・職務経歴書
    作成編
  • Step.3
    面接編
  • Step.4
    内定・入社編
  • 特別編
    退職等各種手続き編

転職活動って何から始めればいいんだろう?
と焦る前に、まずは事前準備。情報収集・整理をしっかりしましょう。

応募書類はあなた自身の大切なアピール資料。
選考を通過するには、ちょっとした書き方の『コツ』があります。ぜひ参考にしてみてください。

面接にも準備が必要です。
万全の対策があれば、自信を持って面接に臨めるはず。

内定をもらってから入社まで、気をつけなければならないポイントがあります。ここでしっかり確認しておきましょう。

意外に難しい退職交渉。
その進め方や退職に伴う諸手続きについて、分かりやすく説明します。

キャリアアドバイザーを味方に、有利な転職を。

キャリアアドバイザーを味方に、
有利な転職を。

あなたの経験や職種に合わせて、キャリアアドバイザーが納得感のある転職を実現するお手伝いをいたします。書類の作成、面接対策、企業との交渉など、意欲的にサポートします。

「転職支援サービス」に申し込む無料