秘書としてのキャリアは10年以上。キャリアアップを目指して何社に応募しても、面接まで行けたことは一度もありません。

書類作成2015年6月1日 34歳・秘書

面接まで行けないということは、つまり書類選考を突破できないということ。ひょっとしたら、その原因は応募書類にあるのかも知れません。

10年以上も秘書としてご活躍されていらしたわけですから、キャリアも相当なはず。職務経歴書に、その点はしっかり表現されていますか? 職務経歴書は、多くの転職者の方がぶつかる最初の関門。長~い作文になっていたり、細かな業務一つひとつを説明書きしていたり、10ページ以上にわたる大作になっていたり…。

職務経歴書は、あなたの強みをアピールするための資料です。 見る人=採用担当者の視点を意識して、『読みやすさ』『分かりやすさ』にこだわって作成してください。自分のどこをアピールしたいか、どのキャリアを見て欲しいかを考えたら、次の点に注意して作成しましょう。

-長文ではなく箇条書きで。
-スキルや経験は具体的な数字を盛り込んで。
-枚数はA4版で1~2枚程度でOK。
-自己PRも端的に5~7行程度にまとめて。

お悩みランキング

面接に関するお悩み一覧

キャリアアドバイザーを味方に、有利な転職を。

キャリアアドバイザーを味方に、
有利な転職を。

あなたの経験や職種に合わせて、キャリアアドバイザーが納得感のある転職を実現するお手伝いをいたします。書類の作成、面接対策、企業との交渉など、意欲的にサポートします。

「転職支援サービス」に申し込む無料