求人情報には、どうして「公開」と「非公開」のものがあるのですか?

求人2015年6月1日 27歳・企画営業

企業が人材を募集するのは、業務拡大や欠員補充だけが理由ではありません。

新規事業のメンバー募集など、まだ一般には公表されていない企業の極秘情報が含まれる場合には、求人は「非公開」とされます。
また人気企業では、求人募集を始めたとたんに応募者が殺到してしまうので、そうした混乱を避けるために求人案件を「非公開」とし、人材紹介会社を通じてより条件に合う人材をマッチングをした上で選考を進める、という例も少なくありません。
「いい人材がいればいつでも採用したい」と通年採用を行い、あえて求人広告でアピールしない、という企業も多くあります。
いずれにしても、こうした非公開案件の中に、あなたのこれまでの経験を活かせる求人案件が眠っているかもしれません。転職の可能性を広げるためにも、まずはアドバイザーに相談してみるといいでしょう。

お悩みランキング

面接に関するお悩み一覧

キャリアアドバイザーを味方に、有利な転職を。

キャリアアドバイザーを味方に、
有利な転職を。

あなたの経験や職種に合わせて、キャリアアドバイザーが納得感のある転職を実現するお手伝いをいたします。書類の作成、面接対策、企業との交渉など、意欲的にサポートします。

「転職支援サービス」に申し込む無料