会社の体制や仕事に対する考え方が合わず、入社半年ですが、転職を考えています。短期間での退職となると、次の転職活動に影響しますか?

転職の時期・動機2015年6月1日 27歳・内勤営業

結論から言うと、次の転職活動では不利になる可能性が高くなります。

転職回数が増えてしまうことと、短期で仕事に見切りをつける人、というレッテルを貼られかねないからです。

しかし、転職して実際に働き始めてみると、当初イメージしていたものとギャップを感じる、ということは決して珍しいことではありません。

大切なのは、その時どんな行動を取ったか。
現在の職場で、自分の違和感を伝え、何かしらの改善を図りましたか?
自分から働きかけ、能動的なアクションを起こした上での「転職」という判断であれば、転職理由にも説得力が増すと思います。

あるいは、そもそも現職を選んだ時の会社選びの基準が間違っていた、ということを素直に認めるのも一つの手。

いずれにせよ、不利になってしまうことに変わりはありません。
「転職」という決断は、どうぞ慎重に出してください。

お悩みランキング

面接に関するお悩み一覧

キャリアアドバイザーを味方に、有利な転職を。

キャリアアドバイザーを味方に、
有利な転職を。

あなたの経験や職種に合わせて、キャリアアドバイザーが納得感のある転職を実現するお手伝いをいたします。書類の作成、面接対策、企業との交渉など、意欲的にサポートします。

「転職支援サービス」に申し込む無料