面接にはこぎ着けるものの、なかなか内定に至りません。応募先企業との相性の問題でしょうか…?

面接2015年6月1日 27歳・SE

面接をなかなか突破できない理由はいくつか考えられますが、もっとも多いのが、「退職理由」と「志望動機」の一貫性がないこと。実はこれ、企業側が面接でもっとも気にするポイントのひとつ。

多くの方が意識されていないことですが、「退職理由」と「志望動機」は、表裏一体。そこに、志向の一貫性を問われていると考えてください。

たとえば、ちょっと単純な例ですが、「会社が業績不振だから転職を考えた」という退職理由に対し、「御社で技術力を磨きたい」という志望動機。ちょっと矛盾すると思いませんか?

面接前には企業研究が欠かせません。
応募企業の業績や事業の強みなどが分かっていれば、どの部分に魅力を感じたかなど、より具体的に伝えることができるはず。退職理由との整合性を図るためにも、事前準備はぜひしっかりと行ってください。

お悩みランキング

面接に関するお悩み一覧

キャリアアドバイザーを味方に、有利な転職を。

キャリアアドバイザーを味方に、
有利な転職を。

あなたの経験や職種に合わせて、キャリアアドバイザーが納得感のある転職を実現するお手伝いをいたします。書類の作成、面接対策、企業との交渉など、意欲的にサポートします。

「転職支援サービス」に申し込む無料