急な仕事の都合で、面接に行けなくなりました。どう対処すればよいでしょうか。

面接2015年6月1日 28歳・プリセールス

企業側の面接官も、忙しい時間を割いて面接時間を設定してくれているので、原則として面接のドタキャンはNG。よほどの理由がない限りは、約束した日時を守るのがマナーです。

しかしどうしても調整が難しい場合には、行けないと分かった時点ですぐに人事担当者に連絡を入れ、
理由を述べ、お詫びの上で再度日程調整をお願いしましょう。

日程調整などのやり取りは、社会人としてのビジネスマナーの範疇。
特にこうしたイレギュラーな対応ほど、選考の対象にもなっていると認識しておいた方が賢明です。
いずれにしても、誠意ある対応を心がけましょう。

お悩みランキング

面接に関するお悩み一覧

キャリアアドバイザーを味方に、有利な転職を。

キャリアアドバイザーを味方に、
有利な転職を。

あなたの経験や職種に合わせて、キャリアアドバイザーが納得感のある転職を実現するお手伝いをいたします。書類の作成、面接対策、企業との交渉など、意欲的にサポートします。

「転職支援サービス」に申し込む無料