求人票に書かれていた給与額より低い金額で、給与を提示されました。

内定・入社2015年6月1日 27歳・営業

求人票の金額と違うということを、担当の方に伝えてみてください。どうしてその金額設定になったのか、その根拠を聞くことは決して悪いことではありませんし、ご自身が納得するためにも重要です。

入社後に成果を挙げて給与額を上げていくということもできるはずから、まずは「根拠」を確認しましょう。

しかし給与に限らず、入社に際して条件交渉をしても、すべての希望を満たすのは稀。
評価はそもそも他人がするものですから、採用企業側の考え方、評価を謙虚に受け止める姿勢を持つことが必要となります。
こうした交渉の場で大切なのは、企業側と自分と、お互いに納得できるところで落ち着かせることなのです。

お悩みランキング

面接に関するお悩み一覧

キャリアアドバイザーを味方に、有利な転職を。

キャリアアドバイザーを味方に、
有利な転職を。

あなたの経験や職種に合わせて、キャリアアドバイザーが納得感のある転職を実現するお手伝いをいたします。書類の作成、面接対策、企業との交渉など、意欲的にサポートします。

「転職支援サービス」に申し込む無料