「内定承諾書」にはどれくらいの効力があるのでしょうか?

内定・入社2015年6月1日 28歳・営業

採用の内定とは、一種の労働契約。

口頭で内定の受諾をした時点で既に契約は成立しているので、
承諾書は文書による追認と考えて差し支えありません。

たとえば就業困難な健康上の問題や経歴詐称が判明した場合は
内定取り消しになりますが、
これは客観的に合理性が認められた際の「解雇」に相当します。
反対に、内定を辞退することは「退職」と同様のものと考えられます。

「退職」は労働者の自由意志に委ねられているように、
定承諾書を提出したからといって「必ず入社しなくてはならない」という
法的拘束力はありません。
また内定辞退をした際に損害賠償を請求されるような効力もないといえます。

お悩みランキング

面接に関するお悩み一覧

キャリアアドバイザーを味方に、有利な転職を。

キャリアアドバイザーを味方に、
有利な転職を。

あなたの経験や職種に合わせて、キャリアアドバイザーが納得感のある転職を実現するお手伝いをいたします。書類の作成、面接対策、企業との交渉など、意欲的にサポートします。

「転職支援サービス」に申し込む無料