2018年版 生産管理の転職動向

生産管理のイラスト

生産管理の役割

生産管理は、仕入先、国内工場、海外工場と取引顧客を繋ぎ、納期・品質・コストを調整しながら、安定した生産を統制する司令塔のような役割を担っています。

仕事内容としては、まず販売側から出された販売計画から生産計画を試算します。それに基づき原価管理、発注先選定、納期管理、在庫管理、工程管理を行いながら、製品の上流~下流までをコントロールし、滞りなく製品が供給するよう努めていきます。

この仕事で難しいのは、販売側と製造側 双方のニーズをすり合わせるという点です。どんなに販売ニーズが強くとも、工場の生産能力を超える台数は生産できません。製造側の現状も確認しながら工場の生産スピード、在庫部品の数、人的リソースを考慮した生産計画を立てていく必要があります。

2018年生産管理のトレンド

現在、多くのメーカーが製品ライフサイクルの短期化、多品種少量生産化、コスト競争力の強化を図っています。製造業の根幹をなす生産管理は、工場における「生産効率の向上」「リードタイムの短縮」「品質の向上」「コスト低減」など多くの課題に直面しています。

一部の企業では海外に生産委託するなどバリューチェーンの最適化を図ったり、生産管理システムに投資するなどの動きが活発化しています。そんな中、生産管理の領域で最もHOTなのが、「IoT」と「AI」を利用した「Industry4.0」です。ドイツ政府やSAPやシーメンス、ボッシュなどのドイツ企業から端を発したこの流れは、日本の製造業にも影響を及ぼしています。

実際、日本でも「Connected Industries(コネクテッド・インダストリーズ)」として、経済産業省が産業革命の新戦略として主導しており、工場内のデジタル化が進んでいます。市場(需要)と工場(生産)をIoTにより、最小化された情報のタイムバケットをAIが制御・統率することで最適化し、量産品の見込生産でしか達成できなかったQCDを、単品受注生産でも実現できるようになってきています。

生産管理に関連する求人一覧

非公開求人80%

サイトで検索できる求人はごく一部。
一般公開されない非公開求人が約80%!

非公開求人
とは?

オープンに募集することで応募が殺到してしまうのを避けたい場合や、競合に知られたくないような新規や極秘のプロジェクトの人員募集をする場合など、WEBサイト上で公開して募集を行うことができない求人です。

キャリアアドバイザーが非公開求人を
直接ご提案いたします!
キャリアアドバイザー

取引企業例

  • ソニー株式会社のロゴ
  • 株式会社クボタのロゴ
  • ボッシュ株式会社のロゴ
  • 東レ株式会社のロゴ
  • 富士フイルム株式会社のロゴ
  • オリンパス株式会社のロゴ
  • カシオ計算機株式会社のロゴ
  • 日産自動車株式会社のロゴ
  • 「転職支援サービス」に登録する無料

2018年 ものづくり業界特集

専門サイト

type女性の転職エージェント