アービトラージ

アービトラージとは、同一の価値を持つ商品の一時的な価格差が生じた際に、割高なほうを売り、割安なほうを買い、その後、両者の価格差が縮小した時点でそれぞれの反対売買を行うことで、リスクを低くしながら利ざやを稼ぐ際に用いる。 簡単な例では、日本で1Lの水道水は0.25円程度だが、サハラ砂漠など水資源に乏しい国に持っていけば高値で売ることが出来る。 実際に相応の利ざやを確保するためには、高い専門性やノウハウが必要とされる。

アービトラージに関する他のキーワード

キャリアアドバイザーを味方に、有利な転職を。

キャリアアドバイザーを味方に、
有利な転職を。

あなたの経験や職種に合わせて、キャリアアドバイザーが納得感のある転職を実現するお手伝いをいたします。書類の作成、面接対策、企業との交渉など、意欲的にサポートします。

「転職支援サービス」に申し込む無料