SCM(サプライチェーン・マネジメント)

SCMとは、Supply Chain Managementの略で、直訳すると「供給連鎖管理」。 受発注や在庫、販売、物流などの情報を、取引先や自社の部門間で共有し、原材料や部材、製品の流通の全体最適を図る管理手法のこと。 主に製造業や小売・流通業で重視されている。 SCMを導入することで、最適な需要予測、調達計画、生産計画、配送計画などを行い、効率的にコスト削減を実現することができる。

SCM(サプライチェーン・マネジメント)に関する他のキーワード

キャリアアドバイザーを味方に、有利な転職を。

キャリアアドバイザーを味方に、
有利な転職を。

あなたの経験や職種に合わせて、キャリアアドバイザーが納得感のある転職を実現するお手伝いをいたします。書類の作成、面接対策、企業との交渉など、意欲的にサポートします。

「転職支援サービス」に申し込む無料