セレンディピティ

セレンディピティとは、何かを探しているときに、探しているものとは別の価値あるものを「偶然に発見する能力」。 イノベーションのもとになると言われている。 例えば、ニュートンが木から林檎が落下するのを見て「万有引力の法則」を思いついた。 その能力をセレンディピティと呼ぶ。 ビジネス事例だと、製薬会社ファイザーのバイアグラは、もともと高血圧や心臓病の治療薬として研究開発されていたが、実証実験中に回春効果があることが分かってきたため、方向性を変えて男性機能障害の治療薬として売り出したところ大ヒットした。 脳科学者の茂木健一郎氏は、セレンディピティの3要素は、Action (行動)、Awareness(気づき)、Acceptance(受容)と定義している。

セレンディピティに関する他のキーワード

キャリアアドバイザーを味方に、有利な転職を。

キャリアアドバイザーを味方に、
有利な転職を。

あなたの経験や職種に合わせて、キャリアアドバイザーが納得感のある転職を実現するお手伝いをいたします。書類の作成、面接対策、企業との交渉など、意欲的にサポートします。

「転職支援サービス」に申し込む無料