【2018年最新版】ハイクラス・エグゼクティブ層の転職動向

ハイクラス・エグゼクティブ層の転職動向

掲載:2015年 7 月 10 日 更新:2018年 3 月 5 日

ハイクラス・エグゼクティブ層の転職動向

足元の堅調なマクロ経済を背景に、新規事業・グローバル・IT投資が進んでいるため、
ハイクラス・エグゼクティブ層の求人は活況。

海外では北朝鮮問題や中国の成長鈍化などの懸念材料はあるものの、国内では、製造、医療、商社/流通、IT/Web、サービスなど幅広い産業が好調で、新規事業やグローバル案件が活性化しています。(一方、金融業界は減少傾向にあります)2019年になると10月に実施予定の消費増税の影響が出る可能性がありますが、2018年の転職市場は求人数が豊富な状況が続き、転職希望者にとっては有利に転職活動を進められそうです。

採用の決め手となるポイント

ハイクラスの人材になればなるほど、転職サイトを閲覧するだけでは得られない企業内の事情や競合企業や業界トレンドなど多岐にわたる情報を持った上で面接に臨んでいただく必要があります。また、経営層の求人となれば、思考や行動のベースとなる価値観や仕事観の相性が重要になってきます。

ハイクラス・エグゼクティブ層の注目キーワード

グローバル

これまで海外・特にアジアは製造業の生産拠点として重要な役割を担ってきました。しかし、日本国内では少子高齢化が加速し、内需が年々縮小する中で、今や製造業に限らず多くの企業が海外市場に販路を求めないと生き残れない、というところまで追い詰められています。

ここ数年、海外現地採用の人的ニーズが東南アジアを中心に拡大し、それに伴い日本語・英語の2言語を使えるマネジメント層の求人ニーズが急増しています。政府の支援も得られるため、特に東南アジアを中心に、当面事業投資が更に活発になると考えられます。

ただ、市場が成熟している中国やインドから、まだ未成熟なインドネシア、フィリピン、ベトナム、カンボジア、ミャンマーなどにシフトしていくものと思われます。日系企業のうち、自動車、半導体、産業用ロボットや工作機械などの業界において求人数が堅調で、ものづくり系エンジニア職(機械設計 設備設計、生産技術、品質管理)や専門職(社内SE、企画・管理)の求人は増加傾向にあります。製造業以外では、事業拡大に向けて新規開拓・アライアンスを担う営業職の採用ニーズが強いです。

ベンチャー

ベンチャー企業による資金調達額は2015年に1,700億円超、2016年には2,241億円、2017年は過去最大の2,717億円となりました。 1社あたりの調達額が年々増加していて、大型調達が続いています。

実際、2017年で10億円以上の金額を集めた企業は58社となり過去最高。50億円以上を調達した社数も7社となりました。新規上場のIPO銘柄で見てみると、家計簿アプリ大手のマネーフォワード、機械学習技術に強みを持つPKSHA Technology、ビジネスSNSのウォンテッドリーなどインターネット業界が多数ありました。また、未上場ながら調達規模で最も大きいPreferred Networksは128億円(うちトヨタから約105億円を調達)と注目されました。そうしたベンチャー企業は、経営基盤の安定化(バックオフィス募集)、海外への事業展開(グローバル人材の募集)、組織体制の強化(ラインマネジメント経験者の募集)のため、経験豊富なハイクラス・エグゼクティブ層を求める傾向にあります。

こうした企業で働く魅力としては、世界はもっと便利で良くしたい「ビジョン」と、そのビジョンに共感した優秀な「人材」と働けるということ。また何と言っても「自分でビジネスを回していく感覚」を持てることだと思います。

IT/テクノロジー

多くの企業が経営課題としてデジタルによるビジネス変革を掲げ、専門スキルを持ったIT人材の獲得を進めています。既存システムの大型リプレイスに加えて、クラウドを起点としたインフラの整備やグローバル拠点のシステム統合など、経営戦略の実現を目指した「攻めのIT投資」が積極化しています。特に、AI、ビッグデータ、IoT、RPA、Fintechなどのデジタル領域の求人数は年々伸張しており、ITコンサルティングやインターネット企業のみならず、事業会社の情報システム部門においてもシニア・ミドルクラス採用を行っています。

これまで積極的に中途採用をしてこなかった大手製造業をはじめ、食品メーカー、金融機関、総合デベロッパー、商社などのオールドエコノミーがデジタル領域の組織強化のため、CIO(最高情報責任者)~情報システム部長クラスのプロフェッショナル人材を積極的に採用しています。

また今後、残業時間削減、在宅勤務・時短勤務の推進など働き方改革の取り組みによって、この流れはより加速すると考えられます。

type転職エージェントの取引企業例

  • 株式会社電通のロゴ
    株式会社博報堂のロゴ
    ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社のロゴ
    Twitter Japan株式会社のロゴ
    ヤフー株式会社のロゴ
  • 株式会社日本M&Aセンターのロゴ
    株式会社ファーストリテイリングのロゴ
    株式会社セブン-イレブン・ジャパンのロゴ
    株式会社ローソン のロゴ
    株式会社ニトリホールディングスのロゴ
  • 東レ株式会社のロゴ
    カシオ計算機株式会社のロゴ
    ソニー生命保険株式会社のロゴ
    日本生命保険相互会社 のロゴ
    農林中央金庫のロゴ
  • 株式会社ザイマックスのロゴ
    住友不動産販売株式会社のロゴ
    株式会社ドクターシーラボのロゴ
    日本マイクロソフト株式会社のロゴ
    株式会社サイバーエージェントのロゴ
  • 三菱商事RtMジャパン株式会社のロゴ
    三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社のロゴ
    株式会社三菱東京UFJ銀行のロゴ
    株式会社フィリップスエレクトロニクスジャパンのロゴ
    日本イーライリリー株式会社のロゴ
  • 楽天株式会社のロゴ
    株式会社ディー・エヌ・エーのロゴ
    エイベックス・グループ・ホールディングス株式会社のロゴ
    アクセンチュア株式会社のロゴ
    プライスウォーターハウスクーパース株式会社のロゴ
  • リクルートマネジメントソリューションズのロゴ
    グロービスのロゴ
    イーデザイン損害保険株式会社のロゴ
    ジェイ・ウォルター・トンプソン・ジャパンのロゴ

ハイクラス・エグゼクティブ層の転職成功事例

転職前 -Before-

外資系大手ITベンダーの事業企画

→

転職後 -After-

医療・ヘルスケアの事業部長

転職前 -Before-

SCMコンサルタント

→

転職後 -After-

Eコマース運営会社の
サービス企画・事業開発

転職前 -Before-

日系SI 営業事業部長

→

転職後 -After-

外資系ソフトウェアベンダー
コンサルティングサービス営業マネジャー