WEB業界の転職特集|2017年のインターネット業界の動向について

株式会社キャリアデザインセンターエグゼクティブマネージャー畠山勇輝のインタビュー

Profile

大学卒業後、リゾートホテル会社に入社し、4年間営業を経験。その後、人材紹介の営業担当としてキャリアデザインセンターに転職し、インターネット領域の専門チームの立ち上げを経験。 現在、担当マネージャーとして、シードフェーズのベンチャーから東証一部の大手企業まで幅広く採用コンサルティングを行う。社内の四半期MVPや年間MVPなど獲得。

2017年、インターネット業界の動向について

インターネット業界で最も市場規模が大きいのがECです。スマホ・タブレットの普及により、インターネットに触れる機会が増え、インターネットを介した購買行動が、衣料、食品、家電、化粧品など幅広い業種でEC活用が進んでいます。近年では、『ヤフオク!』『mercari』『LINEMALL』『Fril』などCtoCのEC市場が急成長していますが、これは、スマホで高画質の写真を撮れるようになった事や、SNSで個人が情報を拡散出来るようになった事が背景にあります。また、モノだけでなく、知識やスキルのマーケットプレイスも注目されています。例えば、ユーザーの得意なことをオンライン上で売買できる『ココナラ』や、大人向けの家庭教師・習い事サービスの『サイタ』などは、新しいECの形態と言えます。今後、他業種との連携が更に活発化していくと共に、グローバル展開やM&Aが積極化する領域になります。

EC(BtoB、BtoC、BtoB)

インターネット業界で最も市場規模が大きく、今後も確実に成長していくのがECサイトです。 スマホ・タブレットの普及により、インターネットに触れる機会が増え、インターネットを介した購買行動が、衣料、食品、家電、化粧品など幅広い業種でEC活用が進んでいます。 近年では、『mercari』、『ヤフオク!』、『BUYMA』、『LINEMALL』、『Fril』などCtoCのEC市場が急成長していますが、これは、スマホで高画質の写真を撮れるようになった事や、SNSで個人が情報を拡散出来るようになった事が背景にあります。 また、モノだけでなく、知識やスキルのマーケットプレイスも注目しています。 例えば、ユーザーの得意なことをオンライン上で売買できる『ココナラ』や、大人向けの家庭教師・習い事サービスの『サイタ』などは、新しいECの形態と言えます。今後、他業種との連携が更に活発化していくと共に、グローバル展開やM&Aが積極化する領域になります。

XTech

FinTech

FinTech は、従来の大手金融機関が独占していた業務を、IT技術の力でより便利で効率的なものとしようとする試みです。 代表的なフィンテック企業の事例としては、クラウドファンディングだと『READYFOR』や『Makuake』、電子決済だと『コイニー』、資産管理だと『マネーフォワード』、資産運用だと『お金のデザイン』、会計だと『freee』、金融情報だと『ZUU』が有名です。 セキュアで安価な ブロックチェーン技術の活用によって、これから更に成長発展していく市場だと言われています。

EduTech

EduTech は、教育とITを融合させた新しいイノベーション領域です。 例えば、リクルートグループ傘下となった『Quipper』が運営する学習プラットフォームでは、生徒はオンラインで学習コンテンツやテストを受けることができ、先生もネット上で宿題や学習状況を管理できるという特徴があります。 その他、子供向けの知育アプリを運営する『スマートエデュケーション』や、オンライン英会話最大手の『レアジョブ』、中学生・高校生向けのプログラミングスクール『ライフイズテック』が有名です。

HelthTech

HealthTech は、医療とテクノロジーを融合させ新しいイノベーションを起こす領域です。 テレビ電話を使ってオンラインで医療相談を行うことができるサービス『first call』(Mediplat)、オンライン通院システム『CLINICS』(メドレー)、医師の3人に1人が参加する医師集合知サービス『MedPeer』(メドピア)、医師向け医療情報サイト『m3.com』(エムスリー)、アプリで自分の活動や睡眠の状態が把握できるリストバンド型活動量計『ムーヴバンド』(ドコモ・ヘルスケア)などが代表的です。

AutoTech

別名 Car Techとも言われています。 ストリームは大きく二つありますが、一つは自動運転です。例えば、ZMPの『ロボットタクシー』はスマホで目的地を指定するだけで自動運転タクシーが迎えに来て、カメラで自動認識しドアを開け、交通情報などから最短ルートで運転してくれます。 ストリームのもう一つが、車載データの活用です。 この領域では損害保険会社と組み、運転状況のデータを取ることでブレーキの踏み具合から適切な保険料を算出していくというサービスなどが生まれています。

HomeTech

詳細には、Real Estate Techと Smart Home Techに分かれていますが、前者は通称「不動産テック」とも呼ばれていて、物件の比較・契約、あるいは住宅ローンといった不動産取引全般をAIの活用などによって、効率化させる取り組みです。 『nomad』や『カウル』が有名です。また、後者は、家庭内の家電製品をつなぎホームオートメーションシステムで制御する取り組みで、IoTによる自動ロック解除や、エネルギー効率の向上、災害検知、エアコンなどの自動温度調整などを実現するものです。

FrontierTech

宇宙やドローンなど新分野への試みを指します。 それまで国家単位や大企業主導で進められてきた宇宙産業は、ベンチャー企業の参入により、ロケットの打ち上げコストが下がり商業化が進んでいます。 海外では、イーロン・マスクが創業した『スペースX』、ジェフ・ベゾス率いる『ブルーオリジン』が注目され、日本では、民間の力で月面無人探査を目指す『ispace』、超小型衛星事業を行う『アクセルスペース』、宇宙ごみの除去を目指す『アストロスケール』などが期待されています。

今さら聞けない?Web業界って何? -定義と歴史-

Web業界について知る

非公開求人80% キャリアアドバイザー
キャリアアドバイザーが
非公開求人を直接ご提案
いたします!
サイトで検索できない、非公開求人があります。
キャリアアドバイザーを味方に、有利な転職を。

キャリアアドバイザーを味方に、
有利な転職を。

あなたの経験や職種に合わせて、キャリアアドバイザーが納得感のある転職を実現するお手伝いをいたします。書類の作成、面接対策、企業との交渉など、意欲的にサポートします。

「転職支援サービス」に申し込む無料

転職成功者インタビュー

企業へのインタビュー

取引企業例

  • Twitter Japan株式会社のロゴ
  • ヤフー株式会社のロゴ
  • グリー株式会社のロゴ
  • 株式会社カカクコムのロゴ
  • スマートニュース株式会社のロゴ
  • 株式会社ユーザベースのロゴ
  • 株式会社ドリコムのロゴ
  • 株式会社ニジボックスのロゴ
  • 楽天株式会社のロゴ
  • 株式会社エニグモのロゴ
  • 株式会社サイバーエージェントのロゴ
  • 株式会社カラーズのロゴ
  • メドピア株式会社のロゴ
  • 株式会社nanapiのロゴ
  • 株式会社コロプラのロゴ
  • 株式会社カヤックのロゴ
  • 株式会社スマートエデュケーションのロゴ
  • 株式会社スポットライトのロゴ
  • オイシックス株式会社のロゴ
  • オーマイグラス株式会社のロゴ
  • 株式会社エスキュービズム・ホールディングスのロゴ
  • 株式会社ロコンドのロゴ
  • 株式会社リアルワールドのロゴ
  • 株式会社クラウドワークスのロゴ
  • 株式会社ナビタイムジャパンのロゴ
  • 株式会社レアジョブのロゴ
  • 株式会社ウエディングパークのロゴ
  • 株式会社U-NEXTのロゴ
  • フリービット株式会社のロゴ
  • 株式会社イーブックイニシアティブジャパンのロゴ
  • 株式会社ビーグリーのロゴ
  • 株式会社メドレーのロゴ

転職ノウハウ

業界・職種別の転職特集

  • 「転職支援サービス」に登録する無料