30代の転職で考えなければならないこと

最終更新 : 2018.8.3

30代の転職で考えなければならないことのイメージ-type転職エージェント

30代で転職する場合、20代と違って若さややる気では勝負できなくなります。採用する企業が求めるものは、30代と20代では大きく異なるからです。では、30代で転職するならどのような心構えや準備が必要なのでしょうか。30代転職のメリット・デメリットを踏まえて解説します。

この記事の監修者
監修者の加藤 美季

加藤 美季エキスパートキャリアアドバイザー

ブライダルジュエリーの販売と店舗の店長を経験。モノではなく、個人の提案力が試される職業に挑戦したいという想いから、「type転職エージェント」キャリアアドバイザーに。現在では営業職経験者を中心に、転職者に「寄り添ったカウンセリング」をモットーに転職希望者に向き合っている。

30代で転職!転職理由は?

30代で転職する人たちの理由は、どのようなものが多いのでしょうか。まずは、転職理由ランキングを見てみましょう。

30代の転職理由グラフ-type転職エージェント

30代で転職する人の転職理由、ダントツの1位は「業務内容」。次いで「キャリアチェンジ」が2位と職務を理由に挙げる方が全体の約77%を占める結果となりました。
実際に転職活動を行った方の意見では、「今まで培ったスキルを活かし、外の世界で視野や経験を広げたい」(35歳 男性,営業職)「よりスキルアップができる環境へ挑戦したい」(32歳 男性,IT業界)など、更なる自身のスキルアップを目指す方も多いようです。
また30代になると仕事にも慣れが出て、転職活動を行う余裕を持てることもきっかけになるようでした。

転職理由3位には「会社の経営状況」、4位には「労働時間、残業時間」、5位には「年収」が挙がっています。30代になると「この先この会社で長く働けるのか?」を現実的に見極めるようになり、結果的に長期就業に懸念を感じて転職に移るケースも多いようです。

一方今回あまり挙がらなかったのは「勤務地」や「人間関係」といった転職理由でした。この2つの理由は社内での異動や自身の転居でカバーできる可能性が高く、比較的短期的目線での転職理由と言えますので、30代の転職者はより長期的目線をもって転職を慎重に考えているようです。

30代転職のメリット・デメリット こんな時は転職を考えよう

30代転職のメリット・デメリット-type転職エージェント

30代転職のメリットは、これまで培ってきたキャリアをもとに即戦力として採用してもらえることです。20代転職はポテンシャルで採用するケースも多いのに対し、30代転職はこれまでの経験やスキルをしっかり評価します。自分のキャリアが企業の採用ニーズと合致して高く評価されれば、その経験やスキルを存分に生かせるポジションや役割が用意され、転職後はさらにキャリアを伸ばしていくことができるでしょう。特に前職で高い実績を残したり、マネジメントとしてチームに貢献したりといったプラスαとなる強みがあれば、前職より格上の企業に転職できたり、年収アップを目指せる可能性は十分あります。

一方で、30代転職にはデメリットもあります。最も大きいのが、未経験分野への転職のハードルが高くなることです。20代の中途採用なら「未経験で採用し、入社後に育てる」という育成方針をとる会社はたくさんありますが、30代になると「これまでの経験を生かして即戦力として会社に貢献してほしい」というのが企業側の考えです。よって異業界や異職種に転職したいと考えた場合、20代転職よりは難易度が上がることを知っておきましょう。

30代で転職する時に考えるべきこと こんな時の転職には気をつけよう

30代で転職する時に考えるべきこと-type転職エージェント

30代転職で理解しておきたいのは、転職後に年収やポジションが下がるケースも多いということです。今の年収やポジションがあるのは、長い間その会社で積み上げてきた評価によるものです。よって会社が変われば前職での評価はいったんリセットされ、転職先では前職より低い年収やポジションからスタートするのが一般的です。先ほど説明した通り、前職と同等かそれ以上の待遇で転職できるケースもありますが、それは会社の外でも高く評価されるだけの圧倒的な実績を出した人に限られるのが現実です。

ただし、転職直後は年収やポジションが下がったとしても、その会社でまた実績を積み上げれば、前職と同じかさらに高い年収を目指すことは可能です。それに30代で転職する人の理由は、年収アップだけが目的とは限りません。「自分がもっと成長できる会社で働きたい」「環境を変えて新たなチャレンジをしたい」などの動機で転職を考える人も多いはずです。もちろん、仕事のやりがいも年収も両方手にはいれば理想的ですが、現実の転職活動では「転職によって何を叶えたいのか」という優先順位をつけた上で、「やりたいことに挑戦できるなら、多少は年収が下がってもいい」といった折り合いをつけることが必要だと心得てください。

また30代が転職先を選ぶ際は、「長く働き続けられる会社か」という視点を持つことも重要です。20代であれば「これをやりたい」という挑戦意欲を優先し、うまくいかなかったら別の活躍の場を探すこともできますが、30代になったら先のキャリアを考え、腰を落ち着けて働ける会社を選ぶ必要が出てきます。転職先を探す時は職場の労働環境や評価制度、社内のキャリアコースなどを確認し、「年齢を重ねても活躍できる会社か」という着眼点を持つようにしてください。

30代の転職は不利なの?30代転職のよくある質問

30代転職のよくある質問-type転職エージェント
  • Q. 前職と同じ営業職として別の業界に転職したいのですが、職種が同じでも異業界への転職は難しい?
A.

20代に比べれば、やはりハードルは高くなります。同じ営業職でも、扱う商材やサービス、クライアントの種類が違えば、中途採用では「未経験」として扱われる可能性があるからです。ただし、業界が変わっても生かせる経験やスキルはあるはずなので、それを自分の強みとして面接でアピールできれば、ハンデを克服できる可能性も出てきます。あえて異業界への転職を希望するということは、その業界でしかできないことに挑戦したいという明確な目的や意欲があるはずですから、面接ではその動機についても説得力を持って伝えられるよう準備しておきましょう。

  • Q. これまでに3回転職していますが、30代でこの回数は不利になりますか?
A.

それぞれの転職に正当な理由があれば、30代で2回や3回の転職経験が特に不利な要素になることはありません。それよりも企業側が重視するのは、「自社で即戦力として活躍してくれるかどうか」です。3回の転職を経て積み上げた実績や身につけたスキルをきちんと整理し、自分の強みとしてアピールできるよう準備して面接に臨んでください。

  • Q. 若い人が多い会社に30代で転職すると何かデメリットはある?
A.

社員の平均年齢が若い組織では、20代でリーダーや役職を任されことも珍しくありません。そこに30代の中途社員が入った場合、「年下の上司と年上の部下」という上下関係が生じるかもしれないことは想定しておきましょう。そもそも採用の時点で、会社側が「組織のバランスを考慮して、20代の上司より年下の人を採用したい」と考えれば、選考で不利になる可能性もないわけではありません。ただし、「若い社員が多いからこそ、まとめ役になる30代のリーダー人材がほしい」という企業もあるので、その場合は逆に30代であることが有利になります。いずれにしろ、その会社が入社後にどのような役割や業務を担う人材を求めているのかをよく確認することが大事です。

  • Q. 自分は年収が下がっても転職したいのですが、妻に反対されています。
A.

30代になると結婚している人も増えるので、転職する際は家族の理解を得ることも大切です。特に年収は家計に直結する問題なので、自分一人で勝手に決断するわけにはいきません。せっかく内定をもらったのに家族の反対で辞退することにならないよう、転職活動を始める段階で家族としっかり話し合っておきましょう。

まとめ

30代の転職は、20代の転職とは企業側のニーズがまったく異なります。転職したいと考えたら、まずは自分のキャリアを振り返って実績や強みを洗い出し、それをできるだけ高く評価してくれる会社を選ぶという視点を持つことが成功のカギになると知っておきましょう。

  • ◆まとめ
    1. 30代で転職するメリット
      →これまで培ってきたキャリアをもとに即戦力として採用してもらえること。
      30代で転職するデメリット
      →未経験分野への転職のハードルが高くなること
    2. 30代で転職する時に考えるべきこと
      →転職直後は年収やポジションが下がるケースも多いため、「仕事のやりがい」や「年収など、自分の中の優先順位をしっかりつける必要がある。
      また「長く働き続けられる会社か」という視点を持つことも重要。
    3. ◆よくある質問
      同職種・異業種への転職は難しい?→20代に比べれば、やはりハードルは高くなるため志望動機や活かせるスキルを積極的にアピールしましょう。
      3回という転職回数は不利になるか?
      →30代で2回や3回の転職回数は問題ありません。それよりも「即戦力として活躍できる」というアピールを積極的に行いましょう。
      若い人が多い会社に転職するデメリットは?
      →「年下の上司と年上の部下」という上下関係が生じるかもしれないことは想定しておきましょう。自分が入社したあと、企業がどんな役割を期待しているのかを確認しましょう。
      年収が下がることを妻に反対されている
      →家族の理解を得ることも大切なので、転職活動前によくご家族の方と話し合っておきましょう。
合わせて読みたい転職ノウハウ
転職ノウハウ記事 転職ノウハウを一覧で見る
キャリアアドバイザーを味方に、有利な転職を。

キャリアアドバイザーを味方に、
有利な転職を。

あなたの経験や職種に合わせて、キャリアアドバイザーが納得感のある転職を実現するお手伝いをいたします。書類の作成、面接対策、企業との交渉など、意欲的にサポートします。

「転職支援サービス」に申し込む無料