転職回数が多いと、今後の転職には不利ですか?

転職市場2015年6月1日 28歳・プログラマ

どんな理由があって転職をしたかによって、解釈は変わってきます。

たとえば会社の倒産など、やむを得ない事情によって転職回数が増えてしまった場合には、採用企業側も理解を示してくれるはず。
けれど、単に「自分とは合わない」といった主観的な理由や会社・環境への不満だけで転職を繰り返してきた場合、「せっかく採用してもすぐ辞めてしまうのではないか」という疑念を企業から持たれやすく、転職するのが難しくなります。職種や業界によってバラつきはあるものの、転職回数が4回以上になると、特にその傾向が強まると考えてよいでしょう。

転職の際には、仕事内容や条件面を事前にしっかりと確認し、納得した上で入社することが重要。むやみに転職回数を増やすことのないよう、慎重な判断を心掛けたいですね。

お悩みランキング

面接に関するお悩み一覧

キャリアアドバイザーを味方に、有利な転職を。

キャリアアドバイザーを味方に、
有利な転職を。

あなたの経験や職種に合わせて、キャリアアドバイザーが納得感のある転職を実現するお手伝いをいたします。書類の作成、面接対策、企業との交渉など、意欲的にサポートします。

「転職支援サービス」に申し込む無料