長い離職期間をマイナスにしないためには、どのように説明すればよいでしょうか?

面接2015年6月1日 29歳・前職/講師

離職期間が長くなった理由が「なんとなく時間が過ぎてしまった」という漠然としたものでは難しいかもしれませんが、強い意志や目的、主体性を持って過ごしていたことをアピールすれば、マイナス評価にはならないと思いますよ。

たとえば
 「語学習得のために短期留学していた」
 「資格を取得した」
 「転職活動をじっくり進めた」
 「リフレッシュするため、長期の旅行に出かけた」
など理由は様々にあると思います。

大切なのは、その離職期間中に、どんな目的で、何に取り組み、それを通じて何を得たのか、
そして自分にどうプラスになったか、などを説明できること。
それだけでも印象が大きく変わるはずです。

お悩みランキング

面接に関するお悩み一覧

キャリアアドバイザーを味方に、有利な転職を。

キャリアアドバイザーを味方に、
有利な転職を。

あなたの経験や職種に合わせて、キャリアアドバイザーが納得感のある転職を実現するお手伝いをいたします。書類の作成、面接対策、企業との交渉など、意欲的にサポートします。

「転職支援サービス」に申し込む無料