家族の介護のために前職を退職。現在転職活動中ですが、2年のブランクは不利になりませんか?

書類作成2015年6月1日 39歳・前職/事務

職歴という観点から見ると、ブランクそのものは不利になります。しかし、避けようのない理由があってのことですから、必要以上に心配しないでくださいね。

アピールの仕方で、不利な要素を払拭することはできます。たとえば、ブランク期間中にも「資格取得に向けて勉強していた」など自己啓発に励んでいたことを伝えるのも一つの手。
また、比較的受かりやすそうな条件に絞って求人を探してみるのも大切です。自分の希望条件だけで求人案件を探しても合格するのは難しいですから、譲れない条件とそうでない条件を見極めた上で求人を探してみてください。可能性が広がると思いますよ。
その際、雇用形態を正社員だけに限るのではなく、契約社員、派遣社員など、幅広く候補に入れて考えることをオススメします。

いずれにせよ、まずは「2年のブランクから仕事復帰すること」を目指しましょう。

お悩みランキング

面接に関するお悩み一覧

キャリアアドバイザーを味方に、有利な転職を。

キャリアアドバイザーを味方に、
有利な転職を。

あなたの経験や職種に合わせて、キャリアアドバイザーが納得感のある転職を実現するお手伝いをいたします。書類の作成、面接対策、企業との交渉など、意欲的にサポートします。

「転職支援サービス」に申し込む無料