傷病のため、2年ほど離職していましたが、応募書類に記載すべきですか。また面接ではどう伝えればよいでしょう?

書類作成2015年6月1日 28歳・前職/リテール営業

離職期間が3ヶ月以上になると、必ずと言っていいほど理由を聞かれます。また書類選考の通過率も厳しくなると覚悟しておいた方がいいでしょう。

こうした状況なので、書類は取り繕うことなく離職の理由をきちんと明示し、それを補う『復職への意欲』を記入してはいかがでしょうか。

また面接の場においては、転職後も治療のため遅刻・早退・欠勤が発生することが予め分かっている場合、また過度なストレスや労働を避けたい場合などは、企業に正直に伝えるのが良いと思います。
選考段階できちんと「できること」「できないこと」を企業に伝え納得してもらうことで、入社後の働きやすさが大きく変わってきますよ。
2年間の離職期間は、治療以外にも資格取得に向けた勉強に取り組んでいたなど、別の理由も用意しておくとより安心です。

お悩みランキング

面接に関するお悩み一覧

キャリアアドバイザーを味方に、有利な転職を。

キャリアアドバイザーを味方に、
有利な転職を。

あなたの経験や職種に合わせて、キャリアアドバイザーが納得感のある転職を実現するお手伝いをいたします。書類の作成、面接対策、企業との交渉など、意欲的にサポートします。

「転職支援サービス」に申し込む無料