「圧迫面接」とは、どんなものですか?またその対処方法は?

面接2015年6月1日 28歳・設計

「圧迫面接」とは、面接官がわざと意地悪な質問をしたり、威圧的な質問をすることで、応募者の対応力を見る面接手法です。

新卒採用で頻繁に耳にしますが、中途採用の場面でも行われることがあります。

たとえば「転職回数が多いですね。ウチも長続きしないんじゃないですか」「他の仕事の方が合っているのでは?」といった挑発的な質問をされたります。

その対処のポイントは、面接官のこうした質問に反論しようとムキにならないこと!
喧嘩をしているわけではありませんから食って掛かることも、また言われたことに萎縮する必要もありません。
面接官は、応募者が精神的ストレスを受けたとき、どんな対応をするのかを見ているのです。
真剣にあなたの採用を考えてくれているのだと思えば、こうした質問への対応も納得できるでしょう。

面接は、応募者が企業を選定する場でもあります。
こうした質問が、面接官が真剣に採用を考えているからなのか、あるいは単なる嫌がらせなのか。面接を受けるあなた自身も、ぜひ冷静に判断してくださいね。

お悩みランキング

面接に関するお悩み一覧

キャリアアドバイザーを味方に、有利な転職を。

キャリアアドバイザーを味方に、
有利な転職を。

あなたの経験や職種に合わせて、キャリアアドバイザーが納得感のある転職を実現するお手伝いをいたします。書類の作成、面接対策、企業との交渉など、意欲的にサポートします。

「転職支援サービス」に申し込む無料